家庭用脱毛器が喧嘩の原因!

今親子喧嘩が絶えなくなっています。理由は私たちの誕生日プレゼントに購入した「家庭用脱毛器」が原因なのです。この脱毛器を買ってほしいと頼んだのは私です。脱毛をするのにわざわざ通わないといけないのが嫌で、家でも利用できる脱毛器が欲しいと思っていました。丁度父に臨時収入が入ったと言うので、どさくさに紛れて誕生日プレゼントに家庭用脱毛器をお願いしたのでした。

私もお姉ちゃんも脱毛には興味が合って、共有して使うと言う話だったので、二人分の誕生日プレゼントということで購入してくれたのです。高価なお買い物でしたがこの時は家族みんないい雰囲気でした。家庭用脱毛器はお母さんも使いたいと言っていたくらいで、効果にはすごく期待していたのです。

だけど実際にこの家庭用脱毛器、使って見たらほとんど脱毛効果がありません。最初は駄目でも、何回か使ったら効果を感じるだろうと思っていたけど、何回使っても脱毛された気がまったくしないのです。あまりに効果がなさすぎて、家族みんな首を傾げました。そして姉が調べて見たらどうやらその脱毛器は性能に問題があるやつだったらしくて、低評価の口コミになっていたみたいです。「何故ちゃんと調べて買わないの?」と言う姉と「そんな不良品みたいなのがあるなんて知らなかった」という親とで最近喧嘩勃発中なのです。

私のとお姉ちゃんVS母と父と言う感じで、喧嘩が絶えなくなっています。最近はもうどうでもいいと思ってきて今は脱毛施設の予約を考えています。

高槻の脱毛サロンに関する情報をお探しならこのサイトがおすすめです
高槻で人気の脱毛サロンはここ

気をつけるだけで黒ずみが目立ちにくくなる?!

私は肌が白いと言われていて全体的に体毛も薄かったにですが、デリケートゾーンだけは濃くて気になって我慢出来ず剃ってしまったり自分で抜いたりしてしまったりしました。そうすると肌の黒ずみが浮き出たみたいに汚くて怖くなり数年はデリケートゾーンの自己処理を放置しました。

改善のきっかけは脱毛でした。脱毛サロンで格安でデリケートゾーンの脱毛をしてくれるとのことで騙されたつもりでいってみるとだいぶデリケートゾーンの毛も気にならなくなり、更に脱毛サロンでは美白系の美容液が黒ずみを目立たなくすると言われたのでお顔用の美白美容液を黒ずみに塗り続けました。

もちろん初めは全く変化がないですが続けて行くうちに段々と目立たなくなりました。

もしかしたらこの頃から全身を合わだけで洗うことにハマっていて、もちろんデリケートゾーンも泡だけで洗うようになったり、おりものシートを天然素材で出来たものに変えるなどデリケートゾーンに優しそうな事をするようになったからかもしれません。

天然素材のおりものシートに変えてからは擦れることがなくなり下着の持ちもよくなったので黒ずみを増やしにくくなった

のかと思っています。

結果的に黒ずみは目立たなくなり臭いもかゆみ何かも気にならなくなり水着になるときや温泉などで裸になる時にデリケートゾーンの事で悩むことがなくなったので結果的には良かったと思っています。

デリケートゾーンの黒ずみで悩んでいる方には美白美容液をぬり天然素材のおりものシートを下着につけて泡だけで優しく洗うという3つのことをおすすめします。

脱毛の料金は健康保険証で負担されるのか

脱毛を考えている方々は、しばしば費用を気にしています。とりわけクリニックなどでの施術を検討している方々は、それを気にしている事も多いのです。

そもそも病院などでの施術を受けるとなると、やはりお金がかかる事になります。そして病院に対して、まとまったお金の支払いが必要な事も多いです。

ところで病院で施術を受けるとなると、保険が気になる方々も見られます。いわゆる医療保険などでの費用負担を気にしている方の、たまに見られる訳です。

そもそも私達が病院に行くとなると、健康保険証を持参する事も多いでしょう。あれはもちろん、費用負担に関わってくるからです。それを持参していれば全額負担になりませんね。逆にそれを持っていなければ、自由診療扱いになってしまう訳です。

そして脱毛の施術を検討している方も、それを気にしている事があります。では実際にはどうなるかと言うと、健康保険証で負担される事もあるのです。ただしそれは、目的によって異なってきます。

まず脱毛の目的が医療行為ならば、たいていは健康保険証で負担される事になるのです。ところが脱毛は、医療行為だけとは限りません。いわゆる美容目的の施術もある訳ですが、それは健康保険では負担されない訳ですね。

そしてクリニックなどによる脱毛の施術は、たいていは美容目的になります。ですので基本的には、健康保険証による負担は発生しないと考えて良いでしょう。あくまでも自分が負担する訳ですね。